メニュー

DELIVERY BOYS

DELIVERY BOYSの3つのポイント

DELIVERY DIARY

2017
11/4

written by
ヘンリー
(初参加)

先日、Delivery Boysのコンドーム配布活動に初めて参加してきました!私のLGBTの友達の中でも、「二丁目といえばクラブだよね」という間違った考え方があります。Delivery Boysに参加でき、2丁目の大凡300軒のうち30軒に立ち寄ったことによって、2丁目の本来ある姿を見通すことができたと思います。

私もそうですが、多くの外国人にとって、2丁目の小さめの酒屋がどんな感じなのか、外から分からないので、ハードルの高い現実です。でも、本活動に参加して、恐ることがないとよく分かりました。なぜならお店に入った時のスタッフの笑顔で安心したからです。

なので、是非、どなたでも心地よくいられる環境を一緒に作っていきたいと思います。そして、各店に置いてあるコンドーム箱をきっかけに、みんなの安全と安心のため、セックスの基礎知識を広めながら仲良くしましょう!

さっ、もう一度、Let’s Delivery!!

2017
11/3

written by
まる
(初参加)

Twitterでお友達がやってるのを見て、興味があり参加しました。

というのも先日、性感染症について心配しているノンケの後輩に、保健所で検査が受けられることを説明しながら「そっかー知らないんだなあ」と思ったということがあり。
最初に「コンドームがセックスについて話すきっかけになれば」という説明を受けて、自分の中ですごくしっくり来ました。
Dickeysのかっこいいツナギに身を包み、一人では行くことのなかったお店や景色を見られたり、お店ごとに入り方や対応が違ったり、新鮮で刺激的で、回り始めてみればあっという間の時間でした。

ドレスコードのあるお店に入って内心ちょっとびっくりしつつ、コンドームの補充を終えて出てきてみたら、外では当たり前に小学生がお母さんの自転車をこいでいてこんな夜に!?ってまたびっくりして。
ゲイばかりが注目されがちな新宿二丁目だけど、一緒に参加していた人の中にも女の人もトランスジェンダーの人もヘテロの人も外国の人もいたし、
いろんな人たちが共存している素敵な”街”なんだな、いま自分はその一部なんだな、と思うとなんだかうれしくなりました。うまく言えないけど、当たり前なんだけど、どんなに違ったってみんな人。独りじゃない感じ。街。
そんな実感を浴びた感じ。

終わった後は誘っていただいて、パーティーしてるお店に行って1杯だけお酒を飲みました。働いたあとのお酒、美味しかった。さすが、いろんなお店を回ってる先輩方はいろんなこと知ってて本当に頼もしかったです。

ぜひまた参加させていただきたいですし、自分にできることももっと考えようと思いました。ありがとうございました。

2017
11/3

written by
タツキ
(初参加)

初めての参加でしたが、Aktaのスタッフや経験者がしっかりとサポートしてくださり、時間があっという間に過ぎて行きました。
最近になり、自分がゲイであるということを周りの人にカミングアウトするようになるにつれて、次第に自分と同じ人やコミュニティに興味を持つようになり、今回の活動を見つけた時に是非やってみたい!と思いました。
この活動を通じて、沢山の素敵な方々に出会えたことに大変感謝しています。次回東京に来るときは、必ずまた参加させていただきます!

2017
10/27

written by
こう
(初参加)

今回は友達に誘われて、友達のことを知る良い機会だと思ってたのでaktaのボランティア活動に参加させていただきました。新宿二丁目での活動だということで大人の世界だというイメージがあり最初は多少怖い気持ちもあったのですが、aktaの人たちは優しく楽しんでボランティア活動をすることができました。

ボランティアに応募する

メールで事前申込をして、当日19時半から簡単なオリエンテーションを受ければOK!
チームに分かれて先輩と一緒に活動するので安心です。1回から参加できます!あなたもレッツ、デリバリー!

03-3226-8998




デリヘルくん

DELIVERY DIARY
アーカイブ

CONDOM GALLERY

様々なクリエイターとのコラボレーションで、
バラエティに富んだオリジナルデザインのコンドームパッケージを作ってきました。
配布したコンドームの数は2014年の時点で964,360個!
コミュニティのみんなの話題になるように心がけています。

もっと見る