メニュー

DELIVERY BOYS

DELIVERY BOYSの3つのポイント

DELIVERY DIARY

2017
3/10

written by
理子
(初参加)

同窓会がキッカケで中高の同級生とFBで再会し、更にその友人と旅先の

ニューヨークで2月に20年以上ぶりに会いました。

彼女は以前からHIVに関する活動をしていて、一方私は看護師という職に

就いていながらHIVの知識がほとんど無く、友人の話を聞きながらとても

恥ずかしく思い、帰国後に「もっと関心を持たなくては」と考えました。

最初は医療従事者向けの勉強会等をインターネットで探していましたが

見つからず、友人にaktaを紹介してもらって金曜日に初訪問した際、

デリバリーボーイズの皆様がちょうど出発されるところでした。

活動の主旨をお聞きし、「これも何かの縁かな」とその場で翌週の活動に

参加申し込みをして帰宅しました。

初参加当日、オリエンテーションにてデリバリーボーイズの活動主旨や

注意事項の説明を受け、制服のツナギに着替えたらいよいよ出発です。

コンドーム配布の作業そのものよりも、お店訪問や二丁目内での街歩きの

歳に私達の姿を見て「あの人達は何?」という話に繋がってくれたら、と

いう思いで約90分歩き回りました。活動中は常に先輩達がアドバイスを

下さるので初参加の私でも何とか要領を飲みこめたのですが、ゲイバーに

足を踏み入れる機会がほとんど無いので、そこはかなり緊張しました。

最初から最後まで皆様に親切にしていただき、とても楽しい時間を過ごす事が

できました。今回一度きりではなく、今後は自分のレズビアンという

セクシャリティを活かしつつ、看護師としても、患者に接する際に知識や

経験が活かせるような学びの場としたいと思っています。

今回は貴重な機会を下さり本当にありがとうございました。

最後に。

aktaのセンター内に、今回私とデリバリーボーイズの出会いをくれた友人が

現在住んでいるニューヨークから送ってくれたカレンダーが飾ってあります。

活動に参加する度にカレンダーを見て彼女の事を思い出したいです。

Y、ありがとう!

2017
3/3

written by
kiyo
(初参加)

初めての参加でした!

デリバイーボーイズの活動を知ったきっかけは、先にボランティアとして働いていた先輩の「昨晩二丁目でコンドーム配ってきたんです」という言葉でした。

日本の<二丁目>でコンドームを配るってどんな様子かな??と興味深々で参加を希望しました。

aktaさんのビルを探して、ドキドキしながらドアを開くと既に大勢のボランティアスタッフの方がいらしていて驚きました。

和気あいあいとした雰囲気に自分も入り込めるのか一瞬不安になるも、皆さん気持ちのいい挨拶をしてくださり、中には自分と同じく「今日が初参加です」といった方や、まだ参加しはじめて間も無い方もいらっしゃいました。

そんな方々と会話をしているうちに、初参加の私たちへaktaさんの活動や今日の流れ、活動のルールを説明していただきます。

短い時間の中ですが、丁寧な活動理念の説明や、その姿勢にとても誠実な印象を受けました。

初めての参加でも居心地がいいような雰囲気は普段からこうして作られているんだなと感じます。

そして、その説明が済むと、20人弱いた参加者をグループ分けし、1グループ4人~6人ほどで活動スタートです。

全員でお揃いのデリバリーボーイズのつなぎを着て、「今日も元気に!」という掛け声をして街に出ました。

二丁目の地理に詳しくないことにも不安を覚えていましたが、そこは頼れる先輩と組ませてもらえるので安心です。

「失礼します!aktaのデリバリーボーイズですー!」「今週もお願いしますー!」という挨拶をしながら何店舗もお店を回り、

コンドームの補充や、aktaの新しいフライヤー配布にあたりながら、お店の方々とも世間話をしたり(時にはお心付けのチョコレートをいただいたり)しながら、和やかに、かつスピーディーにデリバリーボーイズの活動は進んでいき、最後はaktaに戻って反省会をし、その日の活動は終了でした。

私個人にとって、aktaさんとの初めての活動が今回のデリバリーボーイズでした。

<二丁目>という場所柄や、<セクシュアルヘルス>なんて聞くと、どこか自分のこととして捉えられないような方もいらっしゃるかもしれません。でも、<性>ってみんなに関係があるんだよな~なんて思いながら初めての参加を終えました。すべての人に関係がある<性>のことを取り扱うaktaさんは、いろんな人に居心地がいい環境なのではないかなと思います。

2017
3/3

written by
あやか
(初参加)

初めて参加させて頂きました。

私は二丁目自体、つい最近来始めたばかりで、

デリバリーボーイズの皆さんに受け入れて頂けるか不安でしたが、

皆さんとても暖かく迎えてくださいました。

積極的に会話に入れてくれたりわからないことを教えてくれて、

とても安心しました。

参加しているメンバーはみんな家族のようで、

優しい人ばかりです。

配布先のお店に関しても、活動開始前は「営業中に行ったら嫌な顔をされるのでは、、、」

と心配していましたが、こちらも皆さん笑顔で挨拶をしてくれました。

中には手いっぱいお菓子を下さるところもあり、

コミュニティのつながりの強さを感じました。

一度にこれほどたくさんのバーを回ることも初めてでしたが、

実際に回ってみると、それぞれのバーの色がはっきりとわかり、

驚かされます。

色々な方と出会える、とても貴重な経験をさせて頂きました。

また参加しようと思っています。

ありがとうございました!

長くなってしまって申し訳ありませんが、ご確認の程、

何卒宜しくお願い致します。

2017
2/24

written by
ジン
(初参加)

初めて参加させて頂きました。

TVで見たり、話しは聞いていましたが、新宿 2丁目に来たのは初めて、更に少し古めであやしいビルにあるaktaに来るの初めて、緊張していました。

でも、aktaは明るい感じのスペースで

大勢の人が集まり楽しそうに談笑していてちょっと安心しました。

はじめにボランティアについての説明がありました。

aktaが何かも知らずに軽い気持ちで行っていたため、変な宗教に勧誘されたりしたらと無用な気苦労をしていましたが、

HIVについての予防啓発と支援を行っている団体と分かり、ちょっと

安心しました。

簡単なDELIVERY BOYSの説明を受け、ユニホームに着替えて

チーム分け後、補充のコンドームとチラシをもって出発

自分のチームは4名だったので別れて2名で各お店を訪問することになりました。

今回が初めての参加と言うことで先輩に付いていくだけ、

初めてのお店は広めのバー、

緊張の中、先輩が明るい感じで「aktaのDELIVERY BOYSです」

と挨拶しながら入店、

お店の方も慣れた感じで、「ご苦労様です、よろしくお願いします」

今回が初めてということで、私は補充を担当、設置している箱を探して、

残りの数を数えて不足分を補充

「ありがとうございました、来週もよろしくお願いします、失礼します」

補充した数を報告して初体験が終了。

その後2、3軒と回るうちに慣れてきました。更に、お店のほとんどの方から「ご苦労さん」と声をかけて頂き

、お店に入るのが楽しくなってきました。

何軒かは満席で入れなかったり、まだオープンしていないため訪問出来ませんでしたが、予定していたお店を全て回り、aktaに戻りました。その後、今日の訪問についての報告会に参加して初めてのdeliveryboysが終わりました。

いい経験をさせて頂きました。

一緒に参加された皆さん、いろいろ教えて頂き、ありがとうございました。

ボランティアに応募する

メールで事前申込をして、当日19時半から簡単なオリエンテーションを受ければOK!
チームに分かれて先輩と一緒に活動するので安心です。1回から参加できます!あなたもレッツ、デリバリー!

03-3226-8998




デリヘルくん

DELIVERY DIARY
アーカイブ

CONDOM GALLERY

様々なクリエイターとのコラボレーションで、
バラエティに富んだオリジナルデザインのコンドームパッケージを作ってきました。
配布したコンドームの数は2014年の時点で964,360個!
コミュニティのみんなの話題になるように心がけています。

もっと見る