メニュー

DELIVERY BOYS

2019年のDELIVERY DIARYアーカイブ

2019
5/10

written by
ふうこ
(初参加)

HIV陽性者の方を地域で支える活動やHIV予防啓発運動について学びたいと思ったときに、デリバリーボーイズの活動を知り、今回初めて参加させていただきました。

 

とても緊張しましたが、本当に気さくなで優しい方ばかりで、楽しく学びながらアウトリーチを行うことができました!

 

コンドームをトイレに設置しているお店の方がコンドームの減りが早い印象を受けて、どのようにしたら”カウンターに設置して、話題になり、コンドームが減っていく”ということに繋がるのかなと、考えさせられました。

 

看護実習の関係でこの大切な活動を知ることができて、参加することができて、本当によかったです!

また参加させていただきたいです。ありがとうございました!

2019
5/10

written by
はだまゆ
(初参加)

HIV陽性者を支える社会の取り組み、また予防啓発に関する取り組みについて学びたく、看護実習の一環としてデリバリーボーイズの活動に参加させていただきました。

ずっと楽しみにしていたものの、初めての経験に緊張していましたが、みなさんが優しく丁寧に教えてくださったおかげで終始楽しく活動することができました。またお店の方も「ありがとう。」や「お疲れ様。」と温かくお声がけしてくださりとても嬉しかったし、この活動が地域を支えると同時に、地域に支えられている活動だということも分かりました。

またぜひ参加させて頂きたいです。

ありがとうございました!!

2019
4/26

written by
おゆい
(初参加)

今回のボランティアに参加することだけでなく、

新宿二丁目に行くことすら初めてだったので最初はとても緊張していましたが、

同じチームの方々が優しく一から教えてくださり、またゲイバーの方も優しく声をかけてくださったので、

とても楽しくボランティア活動をすることができました。

これからも継続的に参加させていただきたいと思います。

2019
4/26

written by
にの
(初参加)

以前から活動は知っていましたが、今回、初めて参加させていただきました。

揃いのつなぎ服を着ると気分一心し、さあやるぞという感じがしました。

今回4ブロックを受け持ち、40件近くのお店にお邪魔させていただきましたが、

好意的なお店の方ばかりで、aktaの活動がこの土地に根付いていることを実感しました。

特にあるお店のお客さん同士が、お酒を飲みながらこの活動について話してくれていたのが、印象的でした。

今後は、1,2,3グループの全制覇を目指したいと思います。

ありがとうございました。

2019
4/5

written by
sou
(初参加)

普段あまり来ない2丁目で、ボランティアをして色々なお店を周り 貴重な体験でした。
あまり広くない店もあってトートバッグを持ってお客様の間をすり抜ける時に気を遣いました。
コンドームが全く減っていないお店と殆ど無くなってるお店があり、「どうすれば、もっとお客さんにコンドームを持って行ってもらえるだろうか?」と補充が終わったあと考えさせられました。

2019
4/5

written by
しゅう
(初参加)

初めて参加させていただきました、しゅうです(^_^)

たまたまイベントで知り合った方から、デリバリーボーイズのことを教えていただき、参加を決意しました。1人での参加で、aktaに伺うのも初めてで、さらには新宿二丁目行くのも自体も2回目ぐらいだったので、心細くはありましたが、みなさんお優しくて全体を通して楽しい時間を過ごすことができました。
この活動を通して、二丁目のことを詳しく知ることができるのは、とても魅力的です。ゲイバーがより身近に感じられ、今度行ってみたいなあと思いました。

余裕があるときに、またぜひとも参加させていただきたいなあと思います!
では。

2019
3/29

written by
ジュンキ
(初参加)

だいぶ緊張したけど皆さん優しくしてくださってとっても楽しかったです。

行ったことのないお店にたくさん入れるのはすごい特典だと思います!

一緒に回った先輩スタッフさんがいく先々でママさんやお客さんと愉快な会話を繰り広げていて聞いているだけで面白かったです笑 derivery boysのツナギを着ていたからなのか、店の外で待っている間に二回も道を聞かれました。今まで二丁目にいて声をかけられたことなんてなかったのに!

また絶対行きたいです。

2019
3/15

written by
おすぎ

お疲れさまです。

デリヘルは行く度にお店を覚えるのが大変です。でも今回は地図を見ながら行けたので良かったです。

お店のスタッフに「お疲れ様です。」と言われるとデリバリーやっていて良かったといつも感じます。

今後の二丁目にこのような取り組みが末永く継続出来たらと思います。

体力の続く限りやっていきたい。

2019
2/1

written by
フミカ

こんにちは!フミカです
2019年に入り、そんな私は今回2回目のデリバリーに行ってきました!
前回とは違うエリアで!という希望にシート4の担当を頂きました。
シート4では2丁目から飛び出し、3丁目、5丁目もデリバリーするというマルチコース!
ということで、わくわくしながら出発しました。
そもそも2丁目からはずれたエリアにもお店があることを知らなかったので、
20年以上東京にはいるものの、まだまだ新宿はディープな街だと再確認しました。
ひとつずつ回りながら、先輩方にお店の特徴をたくさん教えてもらい、時にはお店の方やお客さんと話す機会があったり、急な階段を必死になって登ったり(笑)きっとデリバリーボーイズに参加していなかったらこんな経験できなかったんだろうな~とこれを書きながらしみじみしています。
最後の報告会では皆さんの鋭く細かい観察力に、まだまだ作業をする事に精一杯の私は見習わなくては!と自己反省しております。
まだまだ知らないこと、知りたいことたくさんありますが、皆さんの優しさに触れながら引き続き頑張っていきたいと思います!
 Let’s delivery anyway!

2019
1/25

written by
けん
(初参加)

JR新宿駅の東口を出てから、だいたい新宿三丁目駅ぐらいまで。
これが今までの僕が知っている「新宿」でした。

僕はふだん性暴力をなくすために活動している大学院生です。
性やジェンダーには関心があるけど、まだ知らないことも多い。
そんな僕は友人に「aktaのDelivery Boysに行こう」と誘われて、参加を決めました。
でも、「参加します!」といったものの、僕の頭の地図には新宿2丁目がありません。「どんなところなんだろう」という不安もありました。「僕が行って大丈夫かな」という心配もしました。

そんな不安と心配もあって、緊張もしました。コンドームを箱に入れるという作業すら、手が震えて、ままなりません。でも、そんなぎこちない僕を焦らす店員さんは1人もいませんでした。店員さんや先輩たちの穏やかな対応もあって、お店を一軒まわるたびに、手の震えはおさまり、緊張に代わって、充実感が僕の心に満ちていきました。

Delivery Boysでの体験で、僕の地図に2丁目が加わりました。つぎに、2丁目に来るときは、僕ははじめから笑顔だと思います。

DELIVERY DIARY
アーカイブ

ボランティアに応募する

メールで事前申込をして、当日19時半から簡単なオリエンテーションを受ければOK!
チームに分かれて先輩と一緒に活動するので安心です。1回から参加できます!あなたもレッツ、デリバリー!

申し込みの前に、ガイドラインをご一読下さい。

03-3226-8998





デリヘルくん