メニュー

デリヘルくんが聞く!突撃インタビュー!!

vol.12 MAG2 みきお

店舗名:MAG2(MAGMAG) 店舗住所:新宿区新宿2-18-10 新千鳥街2F 店舗電話:03-3358-5254 営業時間:平日21:00~翌5:00、土20:00~翌5:00 定休日:なし

Q.デリバリーボーイズ訪問時のお客さんの反応やエピソード的なもの(印象に残ったこと、おもしろかったこと)はありますか?

みきお

暑い日とか、大雨の日とか、天気悪い日とかでも配りに来てくれて、大変だなと思います。それは本当にボランティアといえどもなかなか出来ない仕事だと思うので、すごく助かってるのと、今後頑張って下さいってことですね。本当ありがとうございます。

Q.コンドームを置きはじめたキッカケは?

みきお

この店がいま丁度8年目に入ってて、その前まで新宿三丁目でMAGNUMってお店をやってて、それが6年と9ヶ月かな?だからもう14年?は経ってるんで、確かその頃aktaさんは出来たばっかじゃないかな?

デリヘルくん

そうですね、aktaが始まる前にもコンドーム配りがあったと思うんですが、その頃から置いてたんですか?

みきお

そのときは僕まだお店やっていなかったんで、週末アルバイトで二丁目の色んな店に入ってたんですよ。

デリヘルくん

実際にご自身がお店を開かれてから置くようになったキッカケも教えてください。

みきお

僕はお店を始める最初のときから、どうそ置いて下さいって事で置いてました。なぜかと言うと、その前に入ってたお店が置いてあったんですよ。だから何か協力できればと思って、こちらから言ったんです。

デリヘルくん

長いお付き合いだったんですね。

みきお

いえいえ、とんでもございません、こちらこそー(笑)

Q.コンドームを置いてみてのお客さんの反応は?

みきお

持ってきてもらったコンドームの柄が毎回違うので、それに対してお客さんが関心を持って持って帰られるケースもあります。あとはたまにラブオイル付けてたりとか、薄めのとか配られるときがあって、そのときに特に無くなるんですよ(笑) 新しいもの好きみたくって、そういうのに興味津々なんですよ。あと海外の人はイラストとか、アニメチックなものとか、日本的なものとか、それが一番人気あるみたい。デリバリーボーイズさん来てもらって、ちゃんと使用期限順に並べてもらってるんですけど、お客さんが持ってかれるときに、たまにぐちゃぐちゃになっちゃう事があって、直してはいるんですけどね。

デリヘルくん

ありがとうございます。コンドームはトイレに置かれてますが、そこから持ってきてお店の中で会話になることもあるんですか?

みきお

ありますよ。何も言わずに持ってく人もいるんですけど、だいたいは持ってきてここで話になりますね。今回も柄すごくいいじゃないとか、ちゃんと使ってんのー?とか(笑) 自分で楽しむときに使ってますとか言うけど、色んな使い方あるよねって話をしたりとかありますけどね(笑)

Q.お店でHIVや性感染症についてお客さんからの相談経験はありますか?

みきお

よくありますよ。やっぱり1対1とかそういう時しか話し出来ないけど。実際本人がHIVに感染しちゃったって話とか、悩んでるって話とか色々聞きますよ。ちゃんと病院行ってる?とか、今色んな病院でこういった事があるからとか、知識では色々入れてるんで、勧めて薬をとにかく飲まなきゃいけないって状況のときは、もう飲んでって。飲まずにいたらもっと悪くなってダメになっちゃうし、実際にそういう人知ってるんで。大昔に友達で、亡くなっちゃった人も何人かいるんですよ。それも抗HIV薬の選択肢がそこまで無い時代の人なので。今は1日1粒だけでいいとかなってきてるから、少しでも早く治療につながって欲しいし、ちょっと体おかしいなと思ったら、検査は行ったほうがいいよって事は言ってます。

デリヘルくん

感染後のビジョンが見えなくて不安に思ってる人も結構いるみたいですね。

みきお

不安っていうけど、誰でもね、いずれは死んじゃうのよ。いずれは死ぬんだけど、何で死ぬかによる。HIVって確かに治るって病気ではないけど、抑える事は出来て、長生きは出来るので。逆にそういう事に対して不安を抱くんじゃなくて、もっと健康的に生きれるんだって事。自分の健康を保持する為に、常に人以上にきめ細やかくなるから、他の病気になる可能性を逆に予防出来るんじゃないかと思う。それに病院に行けば、そこの先生やカウンセラーとも話せるし、自分一人じゃないんだよって。ひょっとしたら隣にいる人が同じかもしれないし、だから突っ走って心の病に陥って自ら命を落とすようなことはやめてって言ってます。かと言って性交渉は気をつけて下さいねって。いま海外では薬を飲んでるとHIVにならないっていうものをあるみたいだけど、実際日本では難しいし、そういう事を言って変な風に安心しちゃってる子たちが多い気がします。だから自分の身は自分で守らなきゃいけないから、まずは検査に行く。それで大丈夫ならいいけど、大丈夫じゃなかったらそこのケアをしていかないとダメって事は言ってますね。

Q.お店の名前の由来はなんですか?

みきお

先程も話したんですけど、新宿三丁目でMAGNUMて店をやってたんですけど、最初のアルファベット3文字を取って「MAG」MAGだけだとあんまりイメージに残らないので、それを繰り返してMAGMAG、表記ではMAG2ってなってるんですけど、要するに2店舗目、セカンドステージって意味でそういう風にしてるんですよ。あと濁点が付くと良いってよく言うんですね、あと繰り返しの言葉になると良いって言うので、その名前にしたんです。

デリヘルくん

ちなみにMAGNUMの由来は?

みきお

それも濁点だけど、大きいとか、強い、強力っていうイメージで付けました。あと僕が「みきお」なので、Mから始まる言葉にしたかったので、色んな候補があったんですけど、しっくりきたのがMAGNUM。でもあまりにも敷居が高過ぎるようなイメージになっちゃって、そこで最初レザパ(レザーパーティー)始めたもんだし。だからそれが今に至ってずっとやってるんですけどね。なのでレザーのイメージとか、体大きい子とか、マッチョ系も来てたので、お店のコンセプトが、どちらかというと、ガチムチ、髭短髪だったから、どうしてもそういう名前になちゃったんです。巨根って意味もあるんだけどね(笑) であの頃丁度、ビールでマグナムビールってのがあったでしょ?意外とマグナムって言葉を使ってる商品が多かったんだよ。だから良いんじゃないかな~って。それで最初MAGNUM始まったんだけど、やっぱり新宿二丁目の方でやった方がいいよねと思って、みんながおいでって言うし、こっちに来たの。

Q.レザーパーティーをやろうと思ったキッカケは?

みきお

僕がアルバイトをやってる頃、まだお店をやる前に、昔二丁目にレザーパーティーが結構あったんですよ。日本はもう褌じゃないですか?六尺とかそういうのはいっぱいあるから、じゃなくてレザーパーティー。僕はそっちの方が好きだったから、やろうかなぁと思って始めたんですけど、その昔あったパーティーが無くなっちゃったんです。その時のレザーフェチの人、ラバーフェチの人たちが、どこいっちゃったのかなって。それでレザパをやって欲しいという依頼もあったので、一番最初にとりあえず僕はMAGNUMという店を始めたから、丁度話的にも、名前的にも良いのかなぁと思って、そこで始めたんですよ。BAR形式でずっとやってて、約6年。年に2~3回やってたかな?でMAG2に変わってから店の大きさが小さいので、LOGOSってお店があって、昔MAGNUMに入ってた人がやってるお店なんですけど、その繋がりもあって、そこでやらせてもらえるって事でやってました。それも年に2~3回くらいだったんじゃない?そうこうやっているうちに、5年くらい前にAiSOTOPE LOUNGEさんから話があって、クラブでやりませんか?って。年3~4回やってたのかな?で結局やってるうちに、もう一つ僕もお店の絡みがあるので、Arty Fartyさんで6月だけ?今まで全部FOLSOM BLACKって名前でやってたんですけど、今度Arty FartyさんではLoungeって名前で、もう少しゆるい雰囲気でやろうって事になってバースタイルで始めたんです。クラブスタイルはAiSOTOPE LOUNGE、バースタイルはArty Farty。で今までトータルで年4回やってたんですけど、結構大変なので(笑) 1回お休みして、年3回に今年から変わったんですね。今のコンセプトとしてはレザー、ラバー、あとフェチ系の人のパーティ。もちろんそれに関心のある人たちもOKで、服装はブラックがメインなんですけど、ブラックのTシャツにブルージーンズ?でも全然OK。かなり幅を広げてます。海外からもいらっしゃいます。日本国内今それをやっているところって、実はうちだけなんです。

デリヘルくん

すごい!次の開催はいつですか?

みきお

次は11/23勤労感謝の日にAiSOTOPE LOUNGEでオールナイトでやります。21時~翌5時です!盛り沢山なので、是非遊びに来て下さい(笑) レザーショップも併設してますよ!

デリヘルくん

レザー新調しなきゃ!!(笑)

Q.TOKYO FOLSOM BLACKという名前の由来は?

みきお

これはね、毎年9月の後半にサンフランシスコのフォルサムストリートってところで、レザーのフェスティバルがあるんですよ。それに一番最初行って、あまりにも楽しくて、6年間連続で行っちゃったんですね。そのときの雰囲気ってのが、クラブとかハッテン場、あとショップ、語らいの場とか、そういう色んなブースがあって、まぁそれと同じことは出来ないけど、そういうものを日本で再現出来たらなぁと思って。FOLSOM STREET FESTIVALの「FOLSOM」って名前を取ったのが由来です。だから何の意味かなってぱっと見ると思うと思うんですよ。だけどレザー知ってる人はわかるって感じです。

Q.今、店で(または個人的に)流行っている事はありますか?

みきお

流行ってる事って、昔からずっと「イェイイェイウォウウォウ」は言ってるね(笑)

デリヘルくん

それいつから言ってるんですか?(笑)

みきお

MAGNUMのときだから、14年くらい前からですね(笑) ずっと言ってたらいつの間にか「イェイイェイウォウウォウ」の店だって言われて、もともと他のお店の人たちも言ってると思うんだけど、もうそれを言うとすぐに、今はMAG2のみきおさんだね~って言われちゃうんですよ。言わないと元気ないねって言われます。言葉少し付け加えて、最後に「およよ」って言ってます(笑) 何それ?って言われます(笑) それが合言葉みたくなっちゃってます。新しいワード考えようと思ってるんですけど、すぐ忘れちゃうんです。だいたい酔っ払ったときにそういうの思いつくから(笑)

Q.今後2丁目にどうなって欲しいですか?

みきお

昔は確かに混んでたんですけど、年々人が減ってる。金曜日はもう金曜日じゃないよねって話はどの店でも話題に出てて、何でって僕も思います。その理由を色々考えて思ったんだけど、もちろん景気もありますが、やっぱりアプリとか、家飲みしたりとか、疲れて飲みに出る回数を減らしてる人もいるんです。でも僕が思うのは、テレビで言い過ぎなんですよこの街のこと。言うのは良いんだけど、ノンケの男女、あと外国人が多くなって、ゲイの子たちがいなくなった。それがこの街に来てもおもしろくないっていう事だと思うんですけどね。色んなものが関係してると思うんですけど、だからもうちょっとこの街どうすればいいのかなぁって僕もすごく悩んでます。昔飲んでた人たちが、上野浅草とか新橋に流れてるって事もあると思うんですよね。だからお店の特性を出さなきゃいけなくて、お店によっては女の子も入れるミックスバーも増えてるし、あと遅くまでやるとか。うちは遅くまでやってるんで、一応5時までって言ってますけど、5時以降にもお客さんいたらまだやってる。もともと火曜日休みだったんですけど、今ちょっと休みなしにしちゃってるんで、そういう方向に変えてきてます。店で色んな工夫や特典みたいなものを考えてやってきて、最近そういうのが多くなったと思いますね。とにかく今二丁目に人呼ばないとね、活気ある街になってくれないと困るんだよなと思ってます。それは二丁目振興会のみんなも思ってるし、だからもっと盛り上げよって意味で、8月12日のお盆休みの時に東京レインボー祭りというのがあって、この日はあちらこちらから人が来るので、僕もテキ屋さんやってるんで、テキ屋じゃないか(笑) 屋台やって待ってるんで(笑) そして、7/28と8/25に二丁目ゆかた祭りもありますので、よろしくお願いします。なんかね、いいアイディアがあればなと思ってますよ。

Q.G-menのモデルもされてたと聞きましたが?

みきお

はい、やってました昔。G-menの創刊号の男の仕事ってコラムがあって、それのイメージの写真で出ました。そのイメージが板前?髭生えた板前なんて普通いないんだけど(笑) 出る敬意となったのは、昔友達がベアクラブジャパンって、髭の熊系サークルを立ち上げたんですよ。海外にベアーズクラブってのがあるんですけど、それの日本支部です。それに誘われたんです。そこに行ったら長谷川さんがいて、今度G-menという雑誌を出します。こんな雑誌なんだけどって。そんときの格好がレザーでバシッと決めて行っちゃってたもんで、その長谷川さんはレザーが大好きなんですよ。そこで紹介を受けて、後日コラムを書いてる友達から「今度雑誌にコラムを書くので、是非そのイメージの写真で出て欲しいんですけど」と言われて、よくよく聞いたら、G-menだったんですね。あ、それってG-menの長谷川さんから?って話になって、そうって(笑) 撮影も終わって、写真が出来てるから、もしよければ写真を受け取りに来て欲しいんだって言われたんですよ。行ったら、それは次の号のモデルにもう抜擢してるので出て下さい。って、カメラマンさんや関係者方々を紹介されてね!もう断れない状況で(笑) 写真もらって帰れると思ったら、そんなことなく大間違いで、もう次の号へのオファーでした。その後も何号か出させていただき、そんな事をやってるうちにレザーGOGOとか、レザーサンタとか色々やりはじめたんです。もうそれは30代の後半~40前半くらいですけど。

デリヘルくん

G-menに携わってから人生が変わったって感じですか?

みきお

かなり変わりました。それと同時に30歳のときからずっと色んなお店に入ってるので、色んな人やお店のママとかとも知り合いになれたので、そういうのもあって自然とプロの街道に(笑) 僕はまだまだ素人だと思ってるんですけど(笑) 今思うと、とても良い経験をさせていただき、感謝感謝です。

Q.お店の告知や、宣伝等あればお願いします。

みきお

イベントだとBBQと新年会とお花見、ゆかた祭り、周年パーティーをしてるんですが、今後はビアガーデンもやろうと思ってます。また9月に一般人が入れるゆこた基地友好祭があるので、それに有志で行こうかなって。以前は東京湾のクルーズパーティーもやった事あるので、そのうちまたやれればと思います。他にも花火大会も行こうかなと(笑) まぁその辺は色々その時によって考えていこうかなと思ってます。

デリヘルくん

どんな人に来て欲しいですか?

みきお

僕が短髪髭なんで…そりぁどんな人って言ったら短髪髭の自分の好きなタイプに来て欲しいかななんて(笑) でも幅広いんで、僕今50代なんで、だいたいメインが30後半~特に40代が一番多いのかな?50代…僕くらいの歳くらいまで。はじめての人でも隔たりはないですね。うん(笑) 割と敷居が高いと思われてる事が多くって、実際そんな事ないんで。すごいアットホームな感じのワイワイ出来るお店なんですよ。年齢も若い子から、年上の人までウェルカムなんで、初めての人でも、プロでもオッケーです(笑) 昔の色んな話しましょ。話題豊富ですよ(笑) そんな感じかなぁ?まぁ屋根裏部屋みたいな大人の隠れ家的な店だと思って下さい。是非皆様のお越しをお待ちしております。

バックナンバー

カテゴリー

アーカイブ

×

コミュニティセンターaktaは、
新型コロナウイルス感染症に関する政府の緊急事態宣言を受け、
しばらくのあいだ臨時休館します。

The community center akta is temporarily closed owing to
the government's declaration of the state of emergency of COVID19.