メニュー

DELIVERY BOYS

DELIVERY DIARYアーカイブ

2017
9/8

written by
ツマミ具依
(初参加)

以前から気になっていたデリバリーボーイズに参加でき、とても有意義な時間を過ごすことができました。コンドームを配布するだけで完結させず、各店舗の事前確認やフィードバックまでされていて、細かな情報共有と気配りに驚きました。こういった丁寧な取り組みが、活動への理解を呼び、性感染症の意識向上にも繋がっていることを肌身で感じました。また、いろんなお店に顔を出せるのも、とっても刺激的でした!ありがとうございました!

2017
8/25

written by
フランキー
(初参加)

最初はすごく緊張していましたが、オリエンテーションでデリバリーボーイズの流れだけでなく、デリバリーボーイズの意図やaktaの全ての活動もしっかり説明されて、デリバリーボーイズは本当に意味があることを感じて、配りに出かけることをとても楽しみにしていました。チームに別れてからも、内輪ネタを教えたり仲間として扱ってもらって嬉しかったです。二丁目を歩いて、色々なバーを見て、LGBTの人々の共通コミュニティーを感じながら、そのコミュニティーの素晴らしい多様性も見えて、とてもプライドを持ちました。是非また参加したいです。

2017
8/11

written by
あいしょう

本日久々にデリバリーボーイズに参加させていただきました。

思えば、初参加は今から4年前の2013年、4月。まだ20歳の頃でした。

2丁目のバーは二階建のお店が多いため、デリバリーの際は、階段の上り下りが頻繁にあります。

20歳の時は、ひょひょいのひょいで駆け上がっていた階段ですが、久々の上り下りはとてもキツかったです。歳を確実に重ねているのですね笑

4年たっても、デリバリーボーイズは変わらず、活動を続けていることにとても感動しました。

次の参加はまた4年後でしょうか?笑

変わらずにいつまでもあり続けてくれるといいなと思いながら、次の参加を楽しみにしています。

2017
7/28

written by
かねごん
(初参加)

初参加であったが、どのお店でも温かく出迎えて頂き、活動がいかに浸透しているかを

感じることができた。お店の方やお客様から「がんばって!」とお声がけ頂くことも

多く、最後までモチベーション高く取り組むことができた。

最近2丁目に通い始めたが、未開拓エリアの店舗にも入ることができ行ってみたいお店にも

巡り合うことができた。是非また参加したい。

2017
7/28

written by
m
(初参加)

最初は緊張もありましたが、配りに行くと、バーの方達が温かく迎えてくださりこの活動に参加して良かったと心から思いました。

自ら考えて勇気を出して一歩新しい体験をすることは自分の思っていた以上に新しい学びがあるのだと嬉しい気持ちになりました。

2017
7/28

written by
しょう
(初参加)

デリバリボーイズについては、インターネットやレインボープライドで知っていたのですが、なかなか参加をするのに躊躇していたのですが、デリバリボーイズに参加する数日前に、HIV陽性者の友人と知り合った際に、デリバリボーイズの話しをしたら参加してみたらと背中を押されて、参加の申込みをしました。

当日のボランティアについてですが、新宿二丁目の行ったことのないお店の中に入って、フライヤーの配布やコンドームの設置をするなかでの雑談やお店に来ているお客さんに話しかけられて盛り上がったり、私は人見知りをしてしまうので緊張していました…。

ボランティア活動のなかで知らないお店に行くことができるので、デリバリボーイズのボランティア参加の第2のメリットかなと思いました。

多くのお店が暖かく迎えてくださり、AKTAのスタッフや他のデリバリボーイズ参加者もみな暖かくてとても楽しいボランティア活動でした。

ボランティア活動をしてみてよかったと思いました。

また、時間があるときに参加させて頂けたら嬉しく思います。

2017
7/28

written by
ヴァンソン
(初参加)

フランス人で、始めての参加でした。

言語の壁があってあまり話すことはできませんでしたが、良い時間を過ごせました。

2017
7/14

written by
えーちゃん
1年ぶりのデリバリーでした!久しぶりな事もあって前に覚えてたことを忘れてしまい、継続は大事だなと実感…(汗)知らない間にネームプレートを首に下げて名前を覚えられるようなシステムになっていて、コミュニケーションの取りやすいカタチを常に模索している所は変わらず素敵だなと思います。
aktaでは「コミュニティ」という言葉がデリバリーをしている人から出ることがちょこちょこあって、こういったスペースを欲している人がいる、逆に、それを提供できていることに、地道に時間をかけてやってきているのだなと活動の歴史を感じます。また、デリバリーには相変わらず様々なエスニシティや年齢、その他の要素を持った人が集まっていました。よりジェンダー・セクシュアリティに関してオープンに話せる環境づくり、勉強会、そして性のみでない他のバックグラウンドを有する事の意味など、多面的に話すことが重要な意味を成してくるんだろうなと思います
私は基本的にひっそり勉強しているのが好きなのですが、あまり人と実際に会って話す事が少なく、去年初めて参加した時、バーで働いている人やお客さん、HIV等に関して活動する方達は、私の中では「文字として、インクとしてのみ生きている存在」でしかなかったと表していました。それは良くない、と来てみてから1年が経ち、今では目の前にいる実物となっていて、自身の変化も実感します。それはきっと、aktaの人達が教えてくれたのだと思います。
また友人を連れて、多くの人に興味を持つキッカケが増やせたらいいなと思います。またこれからもよろしくお願いします☺

2017
6/23

written by
ゆうこ
(初参加)

初めてのデリバリーボーイズ参加でしたが、とっても楽しかったです!

最初はとっても緊張しましたが、色々なお店に入れてよかったです。

たくさんのお店に行ったので、どこがどんなお店なのか覚えられず残念。

デリバリーボーイズの皆様の笑顔がとっても素敵で印象的でした!

2017
6/23

written by
ナカネ
(初参加)

夜の二丁目が元々好きで、そこでコンドームを配るという活動にとても興味を持ちました。
実際に足を踏み入れると、雰囲気や反応もお店の数だけ違います。
夏場は暑く、狭い階段を上ると額に汗が滲みますが、誰かのセックスライフがちょっとでも豊かなものになればいいな、と思いながらこれからも楽しく参加したいです。

DELIVERY DIARY
アーカイブ

ボランティアに応募する

メールで事前申込をして、当日19時半から簡単なオリエンテーションを受ければOK!
チームに分かれて先輩と一緒に活動するので安心です。1回から参加できます!あなたもレッツ、デリバリー!

申し込みの前に、ガイドラインをご一読下さい。

03-3226-8998





    デリヘルくん